スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【医薬最前線】第2部 2010年の壁(2)満たされぬ領域 開発に期待(産経新聞)

 東京都目黒区で6月6日、認知症の患者や家族が100人以上集まった交流会が開かれた。同区の高橋健二さん(57)=仮名=は「認知症は治らない病気。将来、どんな症状が出るのかを知り、心の準備をすることが大切です」と参加者に語りかけた。

 高橋さんの妻(56)は6年前、認知症の一つ、若年性アルツハイマー病と診断された。最初は物忘れが多い程度だったが、徐々に悪化。家事ができなくなり、トイレットペーパーを散らかしたり、室内に水をまいたり…。今では夫のことも分からなくなった。高橋さんは勤めていた会社を辞め、アルバイトで家計を支えながら、妻の介護にあたった。

 ところが、今度は介護を手伝ってきた長女(27)が精神的に不安定になり、家に閉じこもるようになった。「このままでは家族が崩壊する…」。高橋さんは今年2月、妻を施設に入所させることを決めた。

 妻は洋裁が好きで手先も器用だった。「たった6年でこんなになっちゃうなんてね。薬がないのがこの病気の一番の問題」。高橋さんは唇をかみしめる。

 国内のアルツハイマー病患者は約130万人もいると推計されている。だが有効な治療法は確立されておらず、病気の進行を抑える薬が1種類あるだけだ。この薬が効かなければほかに選択肢はない。介護にあたる家族にとっては、同じ境遇の仲間の支えが唯一の“クスリ”なのだ。

                   ◇

 財団法人「ヒューマンサイエンス振興財団」が平成17年、60の病気について、医師を対象に「治療に対する薬剤の貢献度」と「治療の満足度」の相関関係を調査(147人回答)した。結果はアルツハイマー病の貢献度と満足度がともに10%以下ともっとも低かった。逆にいずれも90%を超えたのは消化性潰瘍(かいよう)だった。

 アルツハイマー病ははっきりとした原因が解明されていないため、根本的な治療薬の開発が困難とされる。一方の消化性潰瘍には効果的な治療薬があり、手術をしなくても治せる。

 製薬業界や医療関係者はアルツハイマー病やがんのように有効な治療方法が確立されていない領域を「アンメット・メディカル・ニーズ(満たされていない医療ニーズ)」と呼んでいる。

 鬱病(うつびょう)などの中枢神経疾患やリウマチなどの免疫疾患なども含まれる。

                   ◇

 大型品の特許切れで業績悪化が懸念される「2010年問題」。問題を乗り越えるための製薬大手が高い関心を寄せている分野が、まさに「アンメット・メディカル・ニーズ」だ。各社は飽和状態にある高血圧症などからアルツハイマー病やがんに開発の重点領域をシフトさせている。

 病気のメカニズムが完全に解明されていないなど新薬の開発が難しいアンメット領域だが、近い将来、国内市場に登場する可能性がある薬もある。

 現在、1種類しか流通していないアルツハイマー治療薬では、新たに3種が承認申請中。武田薬品工業や第一三共などが2010年問題を乗り越える“切り札”の一つとして市場投入を計画している。

 エーザイは「現代有機合成化学の最高傑作」(内藤晴夫社長)と自負する乳がん治療薬「エリブリン」が日米欧などで申請中だ。

 いずれも「根本治療薬」とはいえないまでも、従来の薬よりも高い効能も期待される。

 妻の病気に悩む高橋さんの、新薬への思いは切実だ。「妻はもう少しで『食べ物がのみ込めなくなる』と医師に言われた。いい薬が出たら試したい」

 同じ薬を使い続けると細胞が「耐性」を持ってしまう“宿命”を持つがん患者も新薬の登場に期待を込める。「卵巣がん体験者の会スマイリー」の片木美穂代表は「新薬が一つ出れば、延びる命が増える。患者にとって選択肢が増えることは希望」と話している。

自殺率・出生率、秋田県が15年連続全国最悪(読売新聞)
<岩手・宮城内陸地震>発生2年 地元の大工が復興に全力(毎日新聞)
マニアが嘆く!? 株主総会のお楽しみ(Business Media 誠)
菅首相が山口・宇部訪問=故郷にお披露目(時事通信)
菅首相 普天間問題ノータッチ、鳩山氏の意向で(毎日新聞)
スポンサーサイト

鉄道事故 女性が「のぞみ」と接触、腕切断 JR新尾道駅(毎日新聞)

 31日午前9時55分ごろ、広島県尾道市栗原町のJR山陽新幹線新尾道駅構内で、博多発東京行き「のぞみ16号」(16両編成、乗客約980人)が通過する際、女性と接触した。山陽新幹線は広島-岡山間で上下線の運転を一時見合わせた。

 尾道市消防局によると女性は左腕を切断したが、命に別条はないという。【中尾卓英】

【関連ニュース】
山陽新幹線:作業員がCO中毒 「六甲トンネル」内で
山陽新幹線:一時運転見合わせ 新大阪-姫路
GW:下り渋滞ピーク…関越道43キロ、東北道55キロ
リニア中央新幹線:開業2年延期、27年目標 収益悪化で
東北新幹線:新青森延伸12月初旬に

「これからも徹底抗議」=徳之島・伊仙町長(時事通信)
菅代表就任で真紀子節“炸裂”「選挙管理内閣だから」(産経新聞)
市長命令で4度目の出席拒否…阿久根市特別委(読売新聞)
辻元・国土交通副大臣の辞任を了承(読売新聞)
石垣島の牛は陰性、ウイルス検査で判明(読売新聞)

ウイルス、酢で防げ…宮崎市が無人ヘリで散布(読売新聞)

 宮崎市が必死の口蹄疫ウイルス侵入防止策を展開している。同市は21日朝、感染エリアとの境界を流れる一ツ瀬川沿いに、農薬散布用の無線操縦ヘリコプターで感染防止に効果があるとされる酢を空中散布する「水際作戦」を始めた。

 川を挟んだ北側は、感染地の新富町と感染疑い例が出ている西都市で、ウイルスは南下している。

 市によると、口蹄疫ウイルスは水素イオン指数(pH)が6以下の環境で死滅か活動が弱まるとされている。酢の原液の指数は2~3で効果が大きく、人体や家畜にかかっても問題はないという。

 ヘリは全長約2メートルで、二つのタンクに指数6未満の希釈した酢を入れ、宮崎市側の岸辺約10キロに散布。24日まで同じ作業を3回繰り返す。この日、市職員やJA関係者約10人が緊張した表情で、高さ3~4メートルから散布する様子を見守った。

 市佐土原総合支所産業振興課の小松賢司主査は「やれることは全部やる。この川で絶対にウイルスの侵入を食い止める」と話した。

「省エネ大賞」など3事業廃止=公益法人仕分けスタート(時事通信)
山田宏氏、杉並区長辞任し参院選出馬へ(読売新聞)
<訃報>梶木剛さん73歳=文芸評論家(毎日新聞)
不同意堕胎、容疑の医師「申し訳なかった」(読売新聞)
随意契約、42%競争入札に=98独法が見直し―総務省まとめ(時事通信)

<八街殺人放火>孫娘の知人を別の器物損壊容疑で逮捕…千葉(毎日新聞)

 千葉県八街市の農業、中村行夫さん(76)が殺害され、自宅が放火された事件で、県警が中村さんの孫娘(16)の知人の男(47)を別の器物損壊容疑で逮捕していたことが分かった。県警佐倉署捜査本部が13日明らかにした。捜査本部によると、孫娘はこの男について「ストーカー行為を受けている」と同署に相談していたという。男をストーカー規制法違反容疑で捜査するとともに、中村さんの事件についても何らかの事情を知らないか調べる。

 捜査本部によると、男は火災発生翌日の12日、佐倉署に逮捕された。高校1年になる中村さんの孫娘に交際を求める電話をしたり、メールを複数回送るなどしていたといい、孫娘は4月中旬に同署に相談。署は男と接触しないよう求めていた。

 捜査本部は13日に中村さんの遺体を司法解剖し、死因は出血性ショックと判明した。外傷は背中の刺し傷1カ所で右肺まで達し、これが致命傷とみられる。遺体の状況から、犯人は11日午前中に中村さんの背中をひと突きして殺害後、あおむけに倒れた遺体の上から油をまいて火をつけた可能性が高い。

 自宅にあった中村さんの軽乗用車は依然見つかっておらず、捜査本部は犯人が逃走に使ったとみて車種とナンバーを公開、情報提供を呼びかけている。車種は01年式ダイハツ・ミラで、色はシルバー=写真・捜査本部提供。ナンバーは「千葉41つ653」。情報の提供先は佐倉署捜査本部(電話043・484・0110)。【中川聡子、駒木智一】

【関連ニュース】
ストーカー事件:初公判で認否留保 ノエビア元副社長
ストーカー規制法:成立10年 誰でも被害者に 昨年相談、過去最高228件 /広島
県警:DVやストーカー被害「気軽に相談して」 女性警察官5人が捜査支援員 /徳島
ことば:警察のDV・ストーカー対応

後発品大手2社、今年度予想は2ケタ台の増収・増益(医療介護CBニュース)
韓国から実行役の入国手引き? 窃盗団の“主犯格”逮捕(産経新聞)
大麻所持のアーティスト・竹前被告に懲役8月(読売新聞)
小沢氏更迭に期待=民主・渡部氏(時事通信)
もっちり食感がたまらない 米粉パン じわり人気(産経新聞)

多額保険、養子縁組の直後=袋詰め遺体、同居の夫妻と-大阪府警(時事通信)

 大阪府高槻市の淀川堤防で先月、ポリ袋に入った職業不詳宇野津由子さん(36)の遺体が見つかった事件で、宇野さんに多額の生命保険が掛けられたのは、同居する夫妻と養子縁組をした直後だったことが12日、府警高槻署捜査本部への取材で分かった。
 捜査関係者によると、宇野さんはインターネットを通じて夫妻と知り合い、同府豊能町希望ケ丘の夫妻宅で同居を始めた。養子縁組は2月ごろで、この直後に保険金数千万円の生命保険が掛けられたという。 

PCI元社長、二審も無罪=関連会社への支出「合理性」-特別背任事件・東京高裁(時事通信)
ニセ死亡診断書で保険金詐取、元新聞店員ら逮捕(読売新聞)
「高速値上げNO!」淡路島の女将ら千人集会(読売新聞)
「景観失格」解消…斜陽館前の架線を地中化(読売新聞)
交付ミス1票多いまま、くじ引き当選…異議あり!(読売新聞)
プロフィール

ミスターひでおおか

Author:ミスターひでおおか
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。